スモールビジネスオーナーのパーソナルブランディング

スモールビジネスを標榜する個人起業家は、パーソナルブランディングに積極的に投資しています。

そもそもスモールビジネスとは、ベンチャービジネスとあまり区別がつかないイメージですが、
・小資金(数十万円レベル)
・専門特化
・ビジネスオーナー主体
・楽しむ
・細く長く
という要素を含んでいるものとされています。


“スモールビジネスオーナーのパーソナルブランディング” の詳細は »

ウェブサイトリニューアル実行時の問題点を書き出そう

ウェブサイトをリニューアルした直後は、神経がピリピリと張り詰めるものです。
散々テストを繰り返してきたはずなのに、公開することで、何かが変わってしまわないかという不安にかられますよね。

ちょっとしたエラーでも、ドキッとさせられるものです。
ウェブページがしっかりとクロールされているかどうかも気になるところですよね。


“ウェブサイトリニューアル実行時の問題点を書き出そう” の詳細は »

 

サテライトサイトとバックリンクサイトでも最低限の質は確保する

検索ユーザーの意図を中心に、キーワード選定をするウェブサイトは、アクセスが少ないにも関わらず、安定したコンバージョンが得られることが多いものです。

アクセス数だけ見れば大した事もないし、デザインについても賞賛されるほどでもないという、密かに優秀なウェブサイトをたくさん持つことは、安定した売上げを獲得するための戦略のひとつです。


“サテライトサイトとバックリンクサイトでも最低限の質は確保する” の詳細は »

時間を必要コストと考えると24時間を最大限有効活用したい

時間管理についての関心は、昔から高いようですね。
特にサラリーマンは、時間管理が命でもあるかのように、がむしゃらに時間管理に励む方もいるようですが、管理のための管理は、逆に非効率であるようです。

SEOエキスパートになるための時間管理術というものは、特にあるわけではありませんが、少なくともソースばかり弄っているだけでは、SEOエキスパートへの道は厳しいでしょう。


“時間を必要コストと考えると24時間を最大限有効活用したい” の詳細は »

 

Googleサーチウィキはなんのために利用すればいいのか

Googleのよくわからない機能であるGoogleサーチウィキについて考えてみました。

特徴としては、検索結果をカスタマイズできるというものです。
勝手に順位を入れ替えたり、特に関心のないウェブサイトは非表示にしたり、ちょっとしたコメントが記入できたり・・・。

利用価値が今のところ見出せません。


“Googleサーチウィキはなんのために利用すればいいのか” の詳細は »

ウェブデザインの難しさはクライアントの好みを抑えて実用性を提唱すること

ウェブサイトの制作で難しいのは、デザインとコンテンツのバランスです。
デザインとは、ここでは外観つまりホームページの見た目のことを言うのですが、アート性を醸し出すことは、ビジネスサイトでは厳禁です。

コンテンツの関心を引き出す色合いや画面構成、ユーザーフレンドリーなボタンの配置や文字の大きさなど、実用的なデザインを志向すべきだと思いませんか?


“ウェブデザインの難しさはクライアントの好みを抑えて実用性を提唱すること” の詳細は »

 

検索ランキングの上昇をフォローしてアクセスアップする方法

検索順位がどうしても現状より上がらない、と悩んでいるWEB担当者やSEO実践者は多いと思います。

2ページ目3ページ目に出現しているページを1ページ目に持ってくる場合は、まだ、ちょっとした手直しで上昇させる可能性はありますが、上位5位以内でのつばぜり合いでは、実力均衡でその差を埋める時間も労力も膨大になってきます。

となると、別の手段で、アクセスを呼び寄せる方法も考えないといけないでしょうね。


“検索ランキングの上昇をフォローしてアクセスアップする方法” の詳細は »

SEOツールは単機能から複合機能へシフトしアドオンタイプが隆盛を極めそう

SEOツールと言えば、当然のように、検索ランキンクチェックやインデクスチェック、被リンク数チェックなどを紹介している記事は多いですよね。

ところが、Firefoxのアドオンや海外で有名なSEOツールの紹介記事などは、もっと専門的で深い調査が出来るものが多いです。


“SEOツールは単機能から複合機能へシフトしアドオンタイプが隆盛を極めそう” の詳細は »

 

SEOサービスを投資とみるかコストとみるかで効果に差がつく事がある

サービスをコストと考えるか投資と考えるかで、そのマインドは変わります。

例えば、SEO塾マニュアルは、一度きりの購入で長く利用できます。
もろちん、アルゴリズム変動の情報は、塾生サイトで公開していますから、フォローも万全です。

これをコストと考えると、マニュアルを改訂しろ、という要望が出てくるんですよね。


“SEOサービスを投資とみるかコストとみるかで効果に差がつく事がある” の詳細は »

ドメイン移転作業の混乱を防ぐ最低限必要な作業リスト一覧

ドメイン移転作業は、SEOの戦略上、もっとも難しい部類に入る作業のひとつです。
下手すると、新ドメインのインデクスが上手くいかなかったり、リダイレクトトラブルでアクセス数が激減ということにもなりかねません。

ドメイン移転作業に関しては、必要な作業項目を書面化しておくことは、ひとつのリスク回避の方法ではないでしょうか。
ビジネスサイトでは売上げやコンバージョンに影響することになるので、慎重な作業が必要です。


“ドメイン移転作業の混乱を防ぐ最低限必要な作業リスト一覧” の詳細は »